気づきにくいがんの症状|頸椎椎間板ヘルニアを治療して快適な暮らしを取り戻そう

頸椎椎間板ヘルニアを治療して快適な暮らしを取り戻そう

看護師

気づきにくいがんの症状

カウンセリング

大腸がんだけでなくがんは全体的に発見しにくいと言われている厄介な病気として知られています。早期の場合、ほとんど自覚症状がないので発見される場合はある程度自覚症状が現れてくる中期などに発見されるパターンが多いようです。しかし、そのような場合は早期発見から治療を行なう場合とはがんの進行状況が異なってくるので生存率なども変わってきます。早期である粘膜にがんがある場合や筋肉にがん細胞がとどまっている場合はかなり初期の段階であることから5年生存率は90%以上となっています。しかし、筋肉層を超えて進行してしまっている場合は5年生存率が90%以下に下がってしまうので注意が必要です。がんの場合は5年生存率という単語をよく聞くことになりますが、これはがんが発見されてから5年後に生存している方の割合を表している数値です。がんの場合は進行が進むに連れて生存率が激減してしまいます。この理由としてはがんの転移という特徴が大きく関わってくるのでがん治療を行なう際にはしっかりと確認しておきましょう。とくに大腸がんの場合はリンパ節などに転移してしまう可能性も高いので他の臓器にまでがんが進行してしまう場合があります。リンパ節などにガンが進行してしまう前に治療を行なえるように定期的な検診を受けるようにしましょう。大腸がんの主な自覚症状として上げられるお腹の張りやお腹のしこり、排便の変化などを見過ごさないようにしっかりと確認することが大切です。早期発見、早期治療で健康な体を保ちましょう。