心の病を治療する|頸椎椎間板ヘルニアを治療して快適な暮らしを取り戻そう

頸椎椎間板ヘルニアを治療して快適な暮らしを取り戻そう

看護師

心の病を治療する

聴診器

近年ではダイエットなどを行なう女性が増加傾向にあるので自分で食事制限をかけてしまう場合があります。そうすることで痩せることが出来るのは事実ですが度を超えた食事制限などは命の危険性があるので要注意です。このような食事の摂取に関する障害を摂食障害と呼びます。例に出したのは食事を食べることが出来なくなってしまう病気の事を言いますが、本人の意志とは裏腹に食事を行なってしまうという症状の場合もあります。摂食障害は身体にも大きな影響を与えてしまう病気ですが、心の病であることから判断しにくい病気として知られています。摂食障害は主に食事制限を行ない痩せようとする過食を伴わない拒食症と過食をして嘔吐したり下剤を使用したりして過食をなかったことにしようとする過食を伴う拒食症に分かれてきます。ダイエットを行なう女性に多いのが特徴で食べてしまうことでの体重の変化を恐れるのが拒食症の特徴となっています。拒食の場合は体重の増加が怖いために起こりやすいのですが過食の場合はストレスを発散するために過食を行なうと言うのが一般的な要因です。過食タイプの場合はストレスにまかせて過食を行なった後に罪悪感と嫌悪感を引き起こして精神的に悪い状態のループとなってしまいます。同じ摂食障害でも過食症状と拒食症状では治療方法が変わってきます。拒食症の場合は不安からくる病気ということなので患者さんを安心させるための治療が一般的です。対人関係療法や認知行動治療などを活用しながら治療を行なっていきます。過食の場合はストレスからくるモヤモヤとした気持ちから過食してしまいます。このモヤモヤは対人関係に関する悩みからくるものが多いので対人関係に関する自信を持たせるということが大切になってきます。自分の食生活日誌などを付けて自分がどのような時に過食を行なっているのかなどを認識させる治療方法などもあります。自分の行動を理解するという治療方法は非常に重要です。うつ症状などもある場合は抗うつ薬なども使用される場合があります。このように、安心感や対人関係の改善などを行なうのが摂食障害の治療方法となっています。